持ってくるもの

貴重品

パスポート

ビザを取得した時と同じもの。ビザ取得後に再発行した場合は移民局へ通達する

航空券

予定が不確定な場合は帰国日の変更ができるものがお勧め

豪ドル現金

空港出迎えや宿泊予約済みであればAU$100程度で十分。予約していない場合AU$500程度あると安心

クレジットカード

VisaかMasterが主流。身分証明書としても利用できるので一枚は持参する事

海外旅行保険証書

病院にかかる際や保険金請求時に必要

電子機器類の個体識別番号

海外旅行保険金請求時に必要

国際免許証/日本の運転免許証

オーストラリアからは更新出来ないので有効期限を確認してくる事

英語学習関係

和英・英和辞書

紙、電子、オンラインなど問わず、使い慣れたもの

英文法参考書

英語でも日本語でもOK。使い慣れたもの

電子機器

携帯電話

SIMフリーならSIMを差し替えるとオーストラリアで利用できる。SIMフリーでなくても無料WIFIを使う際にあると便利

PC

専門学校や大学に行く場合は必須。ワーホリでライトユーザーの場合はあると便利だがスマホでも代用できる

ボイスレコーダー

スピーキング&リスニング練習の為。携帯電話のボイスレコーディング機能で代用

変換プラグ

A型(豚鼻型)の日本のプラグをO型(ㇵの字型)のオーストラリアのものに変換するプラグ

変圧器

100Vの日本の電圧に対応してる電子機器を240Vのオーストラリアの電圧に変換する機械。アダプターに「Input 100V」の表示があれば変圧器が必要だが「Input 100V-240V」とあれば変換プラグだけでOK

その他

サングラス

紫外線が強い夏場は必須

日傘・帽子

紫外線が強い夏場はあると便利

長袖ジャケットやカーディガン

年間を通して気温差が大きい為、簡単に羽織れるものがあると便利

ヘアドライヤー(海外対応のもの)

AU$40程度で現地購入も可能。電力消費量が多い為、日本仕様のものに変圧器をかませて使うのはやめよう。

注意事項

持ってこなくてよいもの

食品や生理用品は、特にこだわりがない限り、現地購入した方が安い
シャンプーやコンタクトレンズ洗浄液など「重い=送料が高い」ので現地購入がベスト。
抵抗がなければ、かさばる衣料品はセカンドハンドショップで購入した方が安い。

検疫(持ち込み&郵送時の禁制品)

独自の生態系を保護する目的で、思いがけないものが禁制品に指定されている。荷造りの時、日本から荷物を送って貰う前には必ず確認しよう。

免税枠

お酒やたばこなど税金がかかるものを持ち込んだり郵送する前には免税枠を確認しよう。

PAGE TOP