ホームステイ

  • 現地家庭で本物の生活体験が出来るホームステイは、文化や言語を学ぶ最も効果的であり、安全な滞在方法。 パースワーホリのホームステイには、空港からホームステイまでの片道送迎、渡航前から帰国までのトータルサポートが含まれるので、安心してご利用頂けます。 ホストはパースワーホリが厳選したファミリーだけ。英語力に関係なく家族の一員として暖かく迎えてくれ、食事制限やアレルギー情報を伺い適切な家庭を手配しているので充実した滞在をお楽しみ下さい。
お問い合わせ
  1. プログラム詳細
  2. 参加条件
  3. スケジュール例
  4. 料金
  5. お申込みの流れ
  6. 注意点・マナー

ホームステイ

平日2食+週末3食付または毎日3食付より選択 個室滞在

空港片道送迎

空港到着ターミナルからホームステイまで、迅速・安全にお送りします。

トータルサポート

渡航前・現地・帰国時サポート、到着時オリエンテーション&シティツアー付き
到着時オリエンテーション&シティツアー

  • 18歳または以上である事* *18歳未満の方はお問い合わせ下さい
  • 心身共健康である事
  • 犯罪歴がない事

1週間滞在の場合

  • 1日目 空港からホームステイ迄片道送迎・ホームステイ開始
  • 2日目 午前中:到着時オリエンテーション&シティツアー 午後:自由行動
  • 3~6日目 自由行動
  • 7日目 ホームステイ終了・帰国

平日2食+週末3食付 個室滞在

  • 2週間 AU$1200
  • 4週間 AU$1700
  • 6週間 AU$2200
  • 8週間 AU$2700
  • 10週間 AU$3200
  • 12週間 AU$3700

毎日3食付 個室滞在

  • 2週間 AU$1240
  • 4週間 AU$1780
  • 6週間 AU$2320
  • 8週間 AU$2860
  • 10週間 AU$3400
  • 12週間 AU$3940

上記以外の期間は無料見積もり致します。

  1. パースワーホリとのカウンセリング
  2. お申込み
  3. お支払い
  4. 渡航

注意点・マナーなど

一般家庭に家族の一員として滞在しながら習慣や文化、英語を身に付ける事を目的とするホームステイは、ホテルやコンドミニアム滞在とは違う、体験型文化交流プログラムです。 文化や生活習慣の違い、言葉の壁、各家庭のルールに戸惑う事もありますが、わからないことや悩みがあれば包み隠さずホストに相談しましょう。ホームステイを楽しむには、コミュニケーション&ポジティブシンキングが秘訣!

ホームステイでやって良い事

  • ホームステイの悩みや不満を包み隠さずホストに話し、解決するよう努める
  • 家のお手伝い(洗濯、掃除機かけ、皿洗い、犬の散歩、庭仕事など)。 ホストとコミュニケーションをとるチャンスです!

ホームステイでやってはいけない事

  • ホームステイの悩みや不満があっても黙っている。解決努力をしない。
  • ホストのプライバシーの侵害(例:ブログやフェイスブックにプライバシーに関わる情報を投稿するなど)
  • コンピュータ、電話、自転車など家のものを無断利用する。利用する時は一声かけましょう。

食事について

  • 食べきれない量の食事が出されたら、無理して食べる必要はありません。食事に手を付ける前に「I am sorry but I can not eat this much.(すみませんが、こんなに食べられません)」と伝え減らして貰えば失礼にはなりません。 逆足りなかったら「Could I have some more please?(もう少し頂けますか?)」と伝えましょう。
  • 嫌いな食べ物が出てきた場合も、無理して食べる必要はありません。食事に手を付ける前に「I am sorry but I can not eat this.(すみませんが、これは食べられません)」と伝え取り除けば失礼にはなりません。
  • 食事制限やアレルギーがある方は、ホームステイ手配時にホストへ詳細を通達しています。

食事のマナー

  • 「頂きます」「ご馳走様」という英語はありません。食卓に皆が揃ったら一斉に食べ始めます。食事が終わったら「Thank you. That is delicious.(ありがとう。おいしかったです)」と伝えればOK.
  • スープや麺類をすすったり、皿を持ち上げて食べたり、皿に口を付けるのはマナー違反です。
  • 食事中に鼻水が出てきたらすすらない! ティッシュを使って鼻をかんでください。
  • 食事が終わったら、自分の皿は流しまで持っていきましょう。

シャワー、バスルームについて

  • 日本は水が豊富なので無制限に使えますが、オーストラリアは砂漠の国、水が貴重です。 オーストラリア政府は「シャワーは4分」を推奨しています。この4分というのはあくまで水/お湯を出す時間の事。浴槽にお湯を張る事はほぼありません。お風呂場にはもっと長くいても大丈夫。
  • シャンプー&リンス、ボディーソープ、化粧水、バスタオルなどは自分でご用意ください。
  • 歯磨きはバスルーム内で。ベッドルームで歯磨きをしたり、歯磨きをしながらバスルームを出て歩き回るのはマナー違反です。

トイレについて

  • トイレットペーパーは持参不要
  • 生理用品は持参または現地購入してください

洗濯について

  • 水が貴重なオーストラリアでは、洗濯は週一回のまとめ洗いが基本。持参した服が少なく週一の洗濯では間に合わない場合、入浴時に手洗いすると良いでしょう。
  • 洗濯は各家庭のやり方がある為、ホストファミリーに確認しましょう。

インターネットについて

  • 一般家庭のインターネットは日本の様に無制限で利用できず、データ利用制限がかかっている事が殆ど。ゲストが不用意に多くのデータを利用すると、インターネットバンキングができなくなったり、必要なデータのダウンロードが出来なくなったり、ホストへ迷惑をかけてしまいます。
    これにより、インターネット利用が許可されている家庭に滞在する場合でも、大型ダウンロードや、動画を使ってのスカイプやライン電話、ユーチューブの閲覧は避け、データ量が少ないメールや動画無しのスカイプやラインにとどめましょう。
  • 学校へ通う方は、学校の無料インターネット利用して下さい。学校へ通わない方は、公立図書館やショッピングセンター、マクドナルドなどのレストラン、パース市内中心部の無料WIFIなどをご利用下さい。ただし緊急事態が発生しインターネット利用が必要となった場合、ホストへ事情を話せば利用させてくれる事が普通です。

現地携帯を持つ予定の方(1ヶ月以上滞在の方)には、現地携帯ショップと変わらない料金でデータ量が多いニッテルコミュニケーションズをお勧めしています。日本出発前に携帯番号や本体が手元に届く便利なサービスがあるので、オーストラリア到着後すぐに携帯、インターネットが使えます。

ニッテルコミュケーションズ

外出時について

  • 無断外泊、連絡無しに夜遅く帰宅、夕飯の時間になっても帰宅しない事が無いように。
  • 外出する際は、一声かけて出かけましょう

ベッドルームについて

  • 朝起きたら、自分のベッドのシーツや毛布を整えておくのがマナーです。クチャクチャのまま出かけないようにしましょう。
  • 基本的に掃除機は自分でかけます。掃除機はどこにあるかホストに確認しましょう。
  • 洗濯ものはベッドルーム内に干さないように。洗濯物干し場を使いましょう。

その他英語、文化の違い、ホストファミリーについて

  • ホストから何かの説明を受け「わかった?」と聞かれ、実はわかっていないのに「Yes」と言わない事。 ミスコミュニケーションの原因になります。 わからない時には正直に「I don’t understand(わかりません)」、「Please say it again? (もう一回言って下さい)」 「Please speak slowly.(ゆっくり話して下さい)」 と伝えましょう。怒られたり、面倒くさがられる事はないので安心して!
  • オーストラリアは多民族国家。ホストがオーストラリア生まれでない場合は多くありますが、全てのホームステイ家庭では英語が話されます。
  • ホストファミリーの家族構成は、シングルペアレント、共働き、子供がいる家庭いない家庭など多様です。
  • オーストラリアはペット保有率世界一。多くの家庭では犬や猫のペットが飼われています。「猫アレルギーがあるため屋内猫がいない家庭希望」「大型犬が怖いので、犬がいても小型犬ならOK」など、ホームステイ申込時にご希望を伺うので、安心して滞在してください。

お土産について

必須ではありませんが、コミュニケーションをとるチャンスになるので持参すると便利です。検疫やアレルギーの面を考え食べ物は避けるのがベター。日本らしいお箸、風呂敷、扇子などがよいでしょう。またホストに家族やペットの写真をみせ、家族の紹介をしてみるのも良いでしょう。


ご利用規約 (お申込み前に必ずお読みください)
PAGE TOP